ヴィシュア・ソリューションズ


サポート
登録する
ログイン
無料トライアルを開始

要件を再利用する方法と時期

要件の再利用性は、さまざまなコンテキストで要件が複数回使用される可能性です。 適切に記述され、再利用に必要なすべての条件を満たす要件は、将来のプロジェクトの時間と費用を節約できます。 ただし、品質や特異性を犠牲にすることなく、再利用可能な要件を作成することは難しい場合があります。 この記事では、再利用性の要件、再利用のメリットとリスク、および再利用が成功する可能性を高めるために実行できるいくつかのアプローチについて説明します。

要件を再利用する方法と時期

目次

要件の再利用性とは何ですか?

要件の再利用性は、さまざまなコンテキストで要件が複数回使用される可能性です。 適切に記述され、再利用に必要なすべての条件を満たす要件は、将来のプロジェクトの時間と費用を節約できます。 ただし、品質や特異性を犠牲にすることなく、再利用可能な要件を作成することは難しい場合があります。

再利用するには、要件が特定の条件を満たす必要があります。

  • 要件は、価値を提供するのに十分具体的でありながら、複数の状況に適用するのに十分一般的でなければなりません。
  • 要件は、明確かつ簡潔になるように適切に記述されている必要があります。
  • 要件は安定している必要があります。つまり、時間の経過とともに変化する可能性はほとんどありません。

要件がこれらの条件を満たす場合は、将来のプロジェクトでの再利用を検討できます。 ただし、要件がすべての必要条件を満たしていても、新しいプロジェクトに関連しない場合は再利用できない場合があります。

再利用性の種類

再利用の要件には大きくXNUMXつのタイプがあります。

  1. 参考までに:  このタイプでは、要件は変更されず、新しいプロジェクトを参照するだけです。 この例としては、プロジェクトが準拠しなければならない政府の規制が挙げられます。
  2. 値別: このタイプでは、要件が分析され、新しいプロジェクトのコンテキストに合うように書き直されます。 この例は、いくつかの変更を加えて別のプロジェクトに再利用されるログイン システムの要件です。
  3. コピーする:  この場合、要件は変更せずにそのまま使用されます。 これは、プロジェクト間の不一致につながる可能性があるため、一般的にはお勧めできません。

要件の再利用性の利点

要件の再利用にはいくつかの利点があります。

  1. 生産性の向上: 要件を再利用すると、新しい要件を最初から作成する必要がなくなり、時間と労力を節約できます。 これは、多くのプロジェクトを持つ大規模な組織に特に当てはまります。
  2. 改善された品質: 再利用される要件は、多くの場合、複数回のレビューと改訂を経ています。 これにより、全体的な品質要件が高くなる可能性があります。
  3. 一貫性の向上: 関連するプロジェクトが要件を再利用すると、プロジェクト間の一貫性が高まります。 これにより、ユーザーがシステムを理解し、使用しやすくなります。

要件の再利用のリスク

要件の再利用に関連するリスクもいくつかあります。

  • 要件が適用されない場合があります。前述のように、要件が再利用に必要な条件を満たすからといって、それが新しいプロジェクトに関連することを意味するわけではありません。 要件の適用性を慎重に検討しないと、エラーや不整合が発生する可能性があります。
  • 要件を変更する必要がある場合があります。要件が新しいプロジェクトに適用できる場合でも、特定のコンテキストに合わせて変更する必要がある場合があります。 これによりエラーが発生し、複雑さが増す可能性があります。
  • 要件が古くなる可能性があります:時間の経過とともに、再利用される要件は、システムの変更に伴って古くなる可能性があります。 これは、矛盾や混乱につながる可能性があります。

要件の再利用性を最大化するためのアプローチ

要件の再利用の可能性を最大化するために組織が採用できるアプローチはいくつかあります。

  1. 要件管理ツールを使用します。 要件管理ツールは、再利用のために簡単にアクセスできるように、要件を保存および整理するのに役立ちます。
  2. 要件再利用ライブラリを作成します。 要件再利用ライブラリは、複数のプロジェクトからアクセスできる再利用可能な要件のコレクションです。 これにより、関連する要件の検索と再利用が容易になります。
  3. 要件トレーサビリティ システムを実装します。 要件トレーサビリティ システムにより、すべての要件がソースまで遡って追跡できることが保証されます。 これにより、どの要件がどのプロジェクトで使用されているかを判断しやすくなり、要件が古くなる可能性が低くなります。

これらの手順を実行することにより、組織は要件の再利用が成功する可能性を高め、要件の全体的な品質を向上させることができます。

要件の再利用は、将来のプロジェクトの時間と労力を節約できる強力なツールです。 ただし、再利用戦略を実装する前に、リスクとメリットを慎重に検討することが重要です。

要件を効果的に再利用する方法

要件の再利用性を実装する方法はいくつかあります。

  1. バージョン –各プロジェクトが要件の独自のコピーを取得できるように、要件をバージョン管理できます。 このアプローチの欠点は、プロジェクト間の不整合につながる可能性があることです。 バージョン番号は、アイテムの履歴の特定の瞬間を識別するために使用されます。 オブジェクトへのすべての変更が重要であるとは限りません。また、そのようなすべてのイベントに新しいバージョンが必要なわけではありません。 たとえば、NigelからJuliaに要件を割り当てる場合、特定のバージョン識別子を作成する必要はありません。 変更はアイテムの履歴に記録されますが、新しいバージョンは作成されません。
  2. ベースライン –各プロジェクトに特定のバージョンの要件があるように、要件をベースライン化できます。 ベースラインは、開発サイクルの特定の時点での作業項目のスナップショットであると言われます。 これにより、プロジェクト間の一貫性が保証されますが、維持が困難になる可能性があります。
  3. テンプレート –要件は、プロジェクト固有の情報を入力できるテンプレートとして記述できます。 このアプローチは柔軟性があり、保守が容易ですが、一部のプロジェクトに必要な詳細レベルを提供しない場合があります。

どちらの方法を選択するかは、組織のニーズと好みによって異なります。

要件の再利用は、将来のプロジェクトの時間と労力を節約できる強力なツールです。 ただし、再利用戦略を実装する前に、リスクとメリットを慎重に検討することが重要です。 これらの手順を実行することにより、要件が再利用可能で高品質であることを確認できます。 これにより、将来のプロジェクトの時間と労力が節約され、要件の全体的な品質が向上します。

要件を再利用するためのヒント

再利用された要件が適切に管理されていない場合、プロジェクトにエラーや不整合が生じる可能性があります。 これらの問題を回避するには、要件の再利用に関するいくつかのベストプラクティスに従うことが重要です。

  • 再利用するものを定義する:要件は、適用性と関連性に必要な条件を満たす場合にのみ再利用する必要があります。
  • 適用性の要件を確認する:要件を確認して、新しいプロジェクトに適用できることを確認する必要があります。
  • 何を変更する必要があるかを判断する:新しいコンテキストに合わせて要件を変更する必要がある場合は、エラーが発生しないように注意深く行う必要があります。
  • 必要に応じて要件を更新する:再利用される要件は、正確で最新の状態に保つために、必要に応じて更新する必要があります。

これらのベストプラクティスに従うことで、組織は要件を効果的に再利用し、要件管理プロセスの品質を向上させることができます。

視界要件ALMプラットフォーム

要件の再利用性は、以前のプロジェクトで以前に使用された要件を再利用するプロセスです。 これは主に、プロジェクト全体で最高の生産性と一貫性を確保するために、要件エンジニアリングチームによって使用されます。 Visureは、他の将来のプロジェクトで回収可能な要件のサイロを維持します。 要件の再利用性機能を使用すると、リソースを最適化し、プロジェクト全体の変更を管理するプロセスが簡素化されます。

視界要件ALMプラットフォーム さまざまな再利用モードをサポートしているため、複数のプロジェクト間で要件コンポーネントを簡単に再利用し、プロジェクト全体ですべての通知と更新の伝播を処理できます。

  • コピーアンドペースト:最も広く使用されている手法。 この方法には、読み取り専用モードでのコピーと貼り付けなど、複数のバリエーションがあります。
  • コピーしてリンクする:コピーアンドペーストの高度な進化は、貼り付けられた要件から元の要件への参照を保持できるようにすることです。 これは、元の要件からブランチ(同じ一意の識別子を持つ分岐バージョン)を作成できるため、はるかに強力なオプションですが、元の要件が変更された場合でも更新を受け取ります。 これにより、チームはいつでも独自のブランチで作業を続けたり、元のブランチとマージしたりできます。 これは、変更を実行し、それを社内のすべての進行中のプロジェクトに取り込む非常に効率的な方法であり、製品のバリエーションやブランチを処理する場合に特に役立ちます。
  • リンク:このモードでは、読み取り専用モードで別のプロジェクトからの一連の要件の表現を表示できます。 元の要件に加えられた変更は、それらを再利用する残りのプロジェクトに自動的に入力されます。 このモードは、プロジェクトがそれらを変更する必要はないが、それらが最新の状態に保たれていることを確認する必要がある標準や規範を扱う場合に特に役立ちます。
  • シェアする:このモードでは、プロジェクトが一連の要件の所有権を共有でき、要件を編集可能にして、すべてのプロジェクトで同時に自動的に利用できます。

まとめ

要件を再利用することは、ソフトウェアの生産性を高めるための強力なツールになります。 ただし、再利用戦略を実装する前に、リスクとメリットを慎重に検討することが重要です。 要件が適切に管理され、最新であることを確認するためのいくつかの簡単な手順を実行することにより、組織はリスクを最小限に抑えながら、再利用のメリットを最大化できます。

要件を再利用することで、作業の重複を回避し、プロジェクト全体で一貫性と完全性を確保し、早期の欠陥検出を可能にします。 この記事では、要件の再利用の概念を紹介し、その利点について説明し、それを実現するためのアプローチの概要を説明しました。 また、効率的かつ効果的な要件の再利用を実現する最先端のツールとして、Visure Requirements ALM Platform を紹介しました。 これらのメリットを自分で体験したい場合は、 30日間無料 今日、Vision Requirements ALM Platform で試用できます。

この投稿を共有することを忘れないでください!

トップ

要件の管理と検証の合理化

7月16th、2024

東部標準時午前10時 |中央ヨーロッパ時間午後 4 時 |午前7時(太平洋標準時)

ルイ・アルドゥイン

ルイ・アルドゥイン

Visure Solutions シニアコンサルタント

トーマス・ディルシュ

シニア ソフトウェア品質コンサルタント、Razorcat Development GmbH

Visure SolutionsとRazorcat Developmentによる統合アプローチTESSY

要件管理と検証を効率化して最良の結果を得る方法を学びます。