ヴィシュア・ソリューションズ


サポート
登録する
ログイン
無料トライアルを開始

チェックリスト ガイド: 要件管理ツールを選択して評価する方法

チェックリスト ガイド: 要件管理ツールを選択して評価する方法

目次

要件管理とは何ですか?

Ian Sommervilleによると、「要件管理 要件エンジニアリングプロセスおよびシステム開発中に変化する要件を管理しています。」

つまり、要件管理とは、開発フェーズですべての製品または要件を収集、分析、改良、および優先順位付けすることです。 

要件管理の主な目的は、エンジニアリングチームがシステムのエラーを確実に検出し、プロジェクトのコストとリスクを削減できるように、明確で簡潔でエラーのない要件を確保することです。

要件管理ツールとは何ですか?

要件管理ツールは、製品の開発チームのリポジトリとして機能するツールです。 これにより、すべてのチームが要件について同じページにいることが保証されます。チームは先に進み、プロセスの特定の時点での立ち位置を評価し始めます。 

要件管理ツールは、開発チームが基本的な知識からリアルタイムの規制コンプライアンス基準まですべてをキャプチャするため、配信速度を向上させ、生産コストを削減し、生産性を向上させることで、開発チームを支援します。

要件管理ツールを使用することの長所と短所

要件管理ツールを使用すると、いくつかの利点があります。 それらのいくつかを次に示します。

  • プロジェクト管理の有効性を高め、プロジェクト管理の精度を高める
  • すべてのレベルでのトレーサビリティの向上と維持
  • 効率的な再利用と製品ライン管理の向上
  • ベースラインを作成する能力が高い
  • 利害関係者へのプロジェクト範囲に関する知識の向上
  • 要件の変更を管理および制御するのに役立ちます
  • さまざまなチーム間のコミュニケーションとコラボレーションを改善するのに役立ちます

一方で、次のような短所もあります。

  • 高価になる可能性があります
  • チームが効果的に使用するためのトレーニングが必要
  • ツールの使用に関連する学習曲線がある場合があります

適切な要件管理ツールの選択

従来、要件は Microsoft Word または Excel を使用して管理されていました。 しかし、要件管理ツールとはほど遠いものです。 要件管理に MS Excel と Word を使用することには、多くの欠点があります。 これらの汎用ツールは、その目的のために設計されたものではなく、要件管理をより簡単かつ効率的にする機能の多くが欠けています。 一方、要件管理プラットフォームは、ソフトウェア要件を管理するために特別に設計されており、要件管理をより簡単かつ効率的にするために必要なすべての機能が含まれています。 その結果、要件管理プラットフォームに移行したほとんどの企業は、それがもたらすメリットをすぐに認識します。

要件管理とプロジェクト管理も、時間の経過とともに複雑になり、それらを管理する必要性も増しています。 開発チームにとって、静的な MS Word または Excel ファイルだけで要件を追跡するだけでは不十分な場合があります。 複数の国に分散し、リモート ワークを採用しているチームは、要件管理者に対してより多くのことを要求しています。 さらに、テクノロジーの統合は、複雑なハードウェアおよびソフトウェア システムが複数の分野からの学際的なチームを必要とする可能性があることを意味します。 以前は機械の専門家に依存していた製品は、現在、機械、電子、ソフトウェア、ハードウェア、さらにはグリーン エネルギーや人工知能などの最先端技術の専門家を必要としています。 したがって、適切な要件管理ツールを選択することは非常に重要です。

適切な要件管理ツールを選択するための完全なチェックリスト

チームのパフォーマンスを向上させるには、要件管理ツールを使用することをお勧めします。 市場には多数の要件管理ツールがあります。 したがって、ニーズに最適なツールを選択するのは困難になります。

理想的な要件管理ツールが提供しなければならない特定のことがあります。

✅ さまざまな方法論をサポート –要件管理ツールは、さまざまなタイプのソフトウェア開発方法論をサポートするのに十分な柔軟性を備えていることが重要です。 開発方法自体に応じて適応・変化できるはずです。 

✅ トレーサビリティ – トレーサビリティ 開発サイクルの重要な側面です。 したがって、機能要件をテストケースやその他の成果物にリンクする機能は、要件管理ツールの非常に重要な機能です。 

✅ 協調性 –開発中はチーム全体が同じページにいることが重要です。 このため、チームには、メンバー間の100%のコラボレーションを保証する信頼性の高いツールが必要です。 

✅ インポート/エクスポート機能 – 要件管理ツールには、さまざまなプラットフォームから要件をインポートおよびエクスポートする機能が必要です。 MS エクセル、MS ワード、およびその他の RM ツール。 要件を手動で追加するとミスのリスクが高くなるため、これは重要です。 

✅ バージョン管理 –バージョン管理とも呼ばれ、時間の経過に伴う要件の変更を管理できる機能です。 バージョン管理により、プロジェクト内の要件のすべてのバージョンを完全に遡ることができます。 これは、開発チームが時間の経過とともに行われたすべての変更を追跡するのに役立つため、要件管理ツールにとって不可欠な機能です。 

✅ 要件ベースライン –要件ベースラインは、構成管理中の比較目的で主に使用される固定基準です。 これらの説明の主な目的は、製品の変更を定義するための基礎を提供することです。 

✅ セキュリティ –要件ツールが組織にとって安全であることが非常に重要です。 あらゆる種類の抜け穴は情報漏えいにつながる可能性があり、これはどの組織にとっても悪夢です。 

✅ 要件の再利用性 – 要件の再利用性 以前のプロジェクトですでに使用されていた要件を再利用するプロセスです。 これは、プロジェクト全体で最高の生産性と一貫性を確保するために、要求エンジニアリング チームによって主に使用されます。

あなたに最適なツールはどれですか?

製品だけでなく、各チームにも固有のニーズがあるため、「最適な」要件管理ソリューションを決定することは複雑な作業です。

利害関係者がほとんどいない小規模な組織や、スプレッドシートなどの単純な製品で利用できる、無料でオープン ソースの要件管理ツールがいくつかあります。

会社の利害関係者とユーザーの数が少ない場合は、コストを考慮する必要があるかもしれません。 SMB は、より安価なエディションまたはユーザーごとの価格体系を備えたソリューションを求める場合があります。 これらの機能は効果的で効率的なままですが、このような手法を使用することで低価格で入手できます。

包括的なRMツールは、規制の厳しい業界において、製品の不具合、リコール、および規制当局からの罰金のリスクを最小限に抑えることができます。 すべてを XNUMX か所に集める要件ツールの結果として、チームはより完全な情報を使用して作業し、より正確なレポートを作成し、製品の不具合の可能性を減らします。

完全な統合およびコラボレーション機能を提供する要件管理プラットフォームは、企業が今日のスタートアップ環境で俊敏性を維持するのに役立つ可能性があります。 さらに、正しい要件のソフトウェアを使用すると、市場調査とユーザー ストーリーの統合が容易になり、製品リリースの成功の可能性が高まります。

これらは、要件管理システムで実行できるタスクのほんの一部です。

  • 規制要件を満たすために必要な労力を削減
  • 変更のリスクと影響を最小限に抑える
  • 誰もがデータを利用できるようにすることで、チームやアクティビティ全体で調整およびコラボレーションします
  • 信頼できる唯一の情報源により、エンドツーエンドの洞察と制御を得ることができます。

では、要件管理ツールのマストハブとは何でしょうか?

組織に適した要件管理ツールを探すときは、次の機能に注目してください。

  • 使いやすさ: RM ツールの使いやすさを評価することは重要です。 ユーザー インターフェイス (UI) は直感的で論理的である必要があります。 できるだけ早くツールを使い始めることができるように、学習曲線は短くする必要があります。
  • 統合: 要件管理ツールは、プロジェクト管理ツール、課題トラッカー、ドキュメント リポジトリ、テスト管理ツールなど、開発エコシステム内の他のツールと統合する必要があります。 さまざまなツール間で手間をかけずにデータを移動できるように、統合はシームレスである必要があります。
  • コラボレーション: 優れた RM ツールを使用すると、チーム メンバーが要件について協力しやすくなります。 このツールでは、コメント、ディスカッション スレッド、およびリアルタイム編集が可能であり、チーム メンバーがリアルタイムで要件について共同作業できる必要があります。
  • レポート: 優れた RM ツールは、プロジェクトの進捗状況を追跡するために必要なすべてのレポートを提供します。 レポートは、特定のニーズに合わせて調整できるようにカスタマイズ可能である必要があります。
  • バージョン管理: 要件は時間の経過とともに変化します。優れた RM ツールを使用すると、それらの変化を追跡できます。 誰がいつどのような変更を行ったかを確認できるように、ツールにはバージョン管理機能が組み込まれている必要があります。
  • 柔軟性: 優れた RM ツールは、特定のプロジェクトのニーズを満たすのに十分な柔軟性を備えています。 このツールを使用すると、特定のプロセスに合わせてカスタマイズできるため、必要な方法で使用できます。

これらは、要件管理ツールで探す必要があるもののほんの一部です。 さまざまなツールを評価するときは、これらの機能を念頭に置いて、組織に適したツールを見つけてください。

まとめ

要件管理はソフトウェア開発の重要な部分ですが、正しく行うのは難しい場合があります。 適切な要件管理ツールを使用すると、プロセスがはるかに簡単になり、エラーが発生しにくくなります。 要件管理ツールを選択するための必需品のチェックリストをまとめたので、ニーズに最適なツールを見つけることができます。 ソフトウェア開発プロジェクトの管理に役立つ、信頼性が高く使いやすいツールをお探しの場合は、ぜひお試しください。 視界要件ALMプラットフォーム. 当社のプラットフォームには、ドキュメントの作成やコラボレーションからトレーサビリティやレポート作成まで、要件管理プロセスを合理化するために必要なものがすべて揃っています。 リクエスト 無料の30日試用版 今日、当社のプラットフォームが次のプロジェクトで成功を収めるのにどのように役立つかをご覧ください!

この投稿を共有することを忘れないでください!

トップ

航空電子機器の要件を最適化するための AI ベスト プラクティスの実装

12年9月2024日

午前11時(東部標準時) |午後 5 時 (中央ヨーロッパ夏時間) |午前8時(太平洋標準時)

フェルナンド・ヴァレラ

フェルナンド・ヴァレラ

ビジュアルソリューションズ社 CTO

レザ・マジディ

レザ・マジディ

ConsuNova Inc. CEO 株式会社コンスノバ

Visure Solutions と ConsuNova Inc. による統合アプローチ

安全な離着陸のための航空電子機器要件の最適化に AI がどのように役立つかを学びます